ゆきんこさん綴り

何気ない日常を大切に・・。愛犬、子育て、資産運用、日々の暮らしをのんびり綴る雑記ブログ

一生使えるお鍋 シャスールとストウブ

<ワールドカップ、初戦突破しましたねぇーヾ(≧▽≦)ノ>

 

 

 

 

f:id:za85432:20180619005329j:plain

お気に入りホーロー鍋

 

我が家には現在お鍋が全部で5個あります。

 

 圧力鍋、小鍋、ステンレス片手鍋、そして

ホーロー鍋が2個。

時間がない時はやはり圧力鍋が大活躍。

カレーや煮物、特にスープなんかは

あっという間に美味しく作れます。

 

片手ステンレス鍋はお味噌汁を作ったり

二人分くらいのラーメンを作ったりるする

ことが多いです。

 

小鍋も結構フル活用。

野菜をちょっと茹でたり、1人分の麺類や

おかゆを作る時に重宝します。

 

そしてお気に入りのホーロー鍋。

何といっても見た目が素敵です。

見ているとお料理を作ろうという気持ちに

なれます(*^^*)。

 

やはり見た目は大事。

モチベーションが上がります。

 

勿論見た目だけでなく実力も優秀なのが

ホーロー鍋のすごいところ。

 

圧力鍋に比べれば時間はかかりますが、

煮物などもふっくら、素材の美味しさを

ひきたててくれます。

 

ホーロー鍋とは、鉄製の鍋にガラスの粉末を

高温で焼き付け仕上げた鍋のことです。

 

本来鉄鍋は水分や酸、アルカリに弱いの

ですがガラスでコーティングすることで

弱点をカバーでき幅広い料理に使えます。

 

ホーロー鍋は重く蓋にも重量があります。

そのため鍋内の水分が逃げにくく、

保温性は抜群です。

 

可愛いピンクシャスール

 

そんな魅力のホーロー鍋、

最初に我が家にきたのがこちら。

 

f:id:za85432:20180619011002j:plain

 

シャスール ラウンドキャセロール20センチ。

 

品のあるきれいなピンクに一目ぼれ♡

 

シャスールはフランスの鋳物ホーロー

老舗メーカーアンヴィクタ社が

100%フランス製にこだわり

熟練工たちが丹精込めて一つ一つ

丁寧に手作りして仕上げた

本格的高級鋳物琺瑯ブランドです。

 

シャスールのホーロー鍋は行程の中で幾度も

厳しいチェックを繰り返し日本へ出荷されています。

 

検品にパスしなかった製品は市場には

いっさい出回らず、すべて溶かされ

また新しい製品に生まれ変わるそうです。

 

シャスールはどれも色が品があってとても

綺麗ですが、その中でもピンクはシャスールの代名詞。

 

内側はクリーム色で食材が良く映え

美味しそうに見えます。

 

f:id:za85432:20180619012743j:plain

 

このお鍋で初めてかぼちゃの煮物を作った時

びっくりしました。

 

今まで作っていたのと違うんです。

 

味付けも調理の仕方も今までと

同じなのですが

いつもより荷崩れもせずほっこり美味しい!

 

料理の腕が上がった気分(*^^*)。

 

プロにも愛されるストウブ

 

 そしてこの春仲間入りしたのが

 

f:id:za85432:20180619010922j:plain

 

ストウブ ピコ・ココットラウンドの

22センチ。

 

ストウブはルクルーゼやシャスール比べると

シックな色とデザインなため男性にも人気が

あります。

 

落ち着いた大人の雰囲気、テーブルに

置きっぱなしでも様になります。

 

STAUB社もシャスール同様フランスに

あります。

 

ストウブ鍋は創業者のフランシス・ストウブ

と有名シェフたちによる共同開発。

 

当初はプロ用の製品として発売され、

その後家庭に普及していきました。

現在も愛用しているプロの

料理人も多いようです。

 

ストウブの鍋はシャスールよりも重いです。

ホーロー鍋ブランドの中でも一番重いです。

蓋もずっしりと重みが。

 

この蓋の裏にはストウブの特徴、ピコと

呼ばれる突起物が付いてます。

食材から出た水蒸気は蓋に付着します。

ピコを伝わり水蒸気は水滴となり

食材に降り注ぎます。

 

f:id:za85432:20180619012607j:plain

 

ピコにより水蒸気は効率的に循環し

、無水調理の効率を高めます。

そのため食材が乾かずジューシー

に仕上がります。

 

ストウブ鍋はガラスを原料とした

エマイユ(ホーロー)加工を何層も

施しています。

 

内側は黒マットエマイユ加工。

これはストウブ独自の加工でざらざら

しています。油となじみが良く、食材が

焦げ付きにくくなっています。

 

このお鍋を買う時、24センチと迷ったの

ですが24センチ鍋はかなりの重さ。

 

22センチだと子供達が今よりも

食べるにようになったら

物足らないかなとも思ったのですが、

あまりに重いと出すのも洗うのも大変になり

結果出番が少なくなる予感が・・・。

 

ということで22センチにしました。

 

22センチ、カレールーひと箱は普通に

作れるので4人家族の我が家には

使いやすい大きさです。

 

このサイズで正解でした(*^^*)。

 

ただ我が家は小食な方なので、

同じ4人家族でも育ち盛りの男の子が2人

見える場合は24センチのがいいかと

思います。

 

ホーロー鍋の実力

 

ストウブはまだ数回しか使っていないの

ですがまずは肉じゃがとご飯を

3合炊いてみました。

 

肉じゃがはじゃがいもが煮込んでも

崩れないことにまず感動。味も野菜の旨味が

いつもよりしっかり出て好評でした(*^^*)。

 

f:id:za85432:20180619011857j:plain

(塩肉じゃが)

 

シャスールでも美味しくできるのですが

シャスールは煮込み時間が長くなると少し

煮崩れすることがありました。

 

ストウブは温め直しても崩れなかったです。

 

ご飯もどちらも美味しく炊けます。

 

シャスールは優しい甘みが出て、

ストウブは一粒一粒がしっかり立つ感じと

言うんでしょうか。

 

ストウブのが若干甘みが強く固めの

感じです。

 

どちらが良いというわけでもなく

好みかと思います。

 

f:id:za85432:20180619012037j:plain
f:id:za85432:20180619012130j:plain

 

 

お鍋で炊飯、意外と炊飯器より早く炊きあがるんです。

 

火にかけるのは10分程。

あとは余熱で10分~15分程蒸らすだけ。

 

今時の炊飯器は優秀なので十分美味しく

炊けますがホーロー鍋で炊くご飯は

とっても美味しくておススメです(^^)。

 

ちなみにストウブには炊飯専用鍋もあります ♪

 

お手入れに関してはストウブは初めて

使う時と数回に一度油をなじませる

シーズニングというお手入れが

必要なので他のホーロー鍋より少しだけ

面倒かもしれません。

 

シャスールもストウブもそれぞれ専用の

レシピ本も出ているようなので、

またいろいろと挑戦してお気に入り鍋を

使いこなしたいと思います。

 

ただし、時間をかけた凝った料理でなく、

まずは簡単、時短、美味しいがモットー(^^;。

 

毎日使う調理器具、お鍋に限らず

長く使える良い物を少しずつ増やしていきたいです。

 

 

 

貴重なお時間の中最後までありがとうございました(*^^*)。