ゆきんこさん綴り

何気ない日常を大切に・・。愛犬、子育て、資産運用、日々の暮らしをのんびり綴る雑記ブログ

頑張れ受験生!全国一複雑な高校入試

 

 

もうすぐ春ですね🌸

 

お久しぶりでございます。

何と今年初めての記事です(^^;。

 

気が付けばもう3月・・。

我が家は子供達のW卒業式&入学式と

この春は大切な行事がオンパレードです。

 

そしてそして今日は娘の高校入試2日目。

昨日は筆記で今日は面接です。

何だか思った以上にそわそわ落ち着きません。

自分の時より緊張するものなんですね。

昨日からあり得ない行動ばかりしている私(-_-;)。

 

余裕の笑顔で見守るはずが空回りの連続。

昨日も娘が家を出る寸前まで大騒ぎ。

娘よ、こんな母で申し訳ない。

 

 公立高校複合選抜制度とは

 

この地域は全国でも珍しい、

というより唯一の公立高校選抜複合制です。

(私の頃はまだ1校受験でした)

 

他県では1校の公立高校が

2校受験できるのです。

 

簡単に説明しますと

(説明、下手なのでわかりにくいかも)

県がまず2つのエリアに分けられ

そこから自分の居住地域の高校が

A、Bの2つのグループに分けられます。

 

受験生はこのA、Bの中から各1校ずつ選んで

受けられます。

 

この選抜制、なかなか複雑です。

受けたい高校のグループが重なってしまうと

どちらを優先するかにかなり悩む場合も。

 

そして片方のグループに行きたい高校が

ない場合も悩みます。

 

そして第2志望よりも私立高校のが希望の

場合でも基本として公立が優先のため

リスク覚悟であえて単願を選ぶ子もいます。

(地域によっては私立高校のが人気ですが

 この地域はまだまだ公立希望が多数です)

 

ちなみに合格ボーダーラインは

内申点(45点満点)×2+

当日点(5教科各22点、合計110点満点)

×1.5の合計から出されます。

 

 

A,Bの組み合わせは数年前に変更されました。

この変更がラッキーな子がいれば

逆に困る子も・・・。

 

組み合わせをどうするかはかなり重要です。

 

推薦や内申・・・

 

推薦に関しても私の頃とはかなり

変化しています。

 

昔は推薦受験はほぼほぼ合格をもらえましたが

今は推薦だからと言って安心はできません。

 

特に偏差値の高い高校にいけばいくほど

推薦で落とされる子続出のようです。

内申も申し分なく生徒会なんかもやっていた

子は普通にごろごろいます。

 

当日の面接が上手くできても

なにか秀でた功績を修めたとか特別なものが

ないとなかなか推薦合格は

もらえないとの噂です。

 

日程も昔は推薦は一般より早く受けましたが

今は同じ日に一斉受験。

(推薦で落ちても当日の点数がボーダーラインに

入れば一般受験合格者となります。)

 

合格ラインギリギリの場合は

高校にもよりますが、

内申より当日の学力を重視する高校が多いと

聞きます。

 

これは2014年に内申が相対評価から絶対評価に

変更となったことと関係しているかと

思われます。

 

絶対評価となると各中学校により基準が

かなり違ってきます。

 

高校受験に向けて評価高めでつける学校も

あればそうでない学校も。

 

要するに同じ学力なのに内申に差が出てしまう

ケースが出てくるのです。

 

正直中には本当に正当に評価されているのかと

疑問に思うケースもあります。

 

同じテスト以外の評価を比べる場合

色々難しいなと感じるのは

私だけでしょうか・・・。

 

とは言え内申は当日点に2倍して加算。

 

内申・・重要ですよね。

 

私の今までの感覚では推薦はもらえるなら

もらって受けたほうがいいという考えでした。

 

娘にも申請するように言ったのですが

娘は

「推薦はいらない、一般でいく」

という返答。

 

特別に秀でた功績を残したわけでもなく

自己アピールも苦手なおっとり派の娘。

推薦で受かるとは思えないので最初から

一般のがいいという意見です。

 

推薦の面接は一般の面接よりも

かなり突き詰めた質問をされ、

それに対し自分の意見をしっかり言えないと

いけません。

 

人数も一般面接は5人グループなのし対し

推薦は3人程で、更には1~3分程の

スピーチのようなものがあるようです。

 

そのために推薦受験者は面接練習にかなり

時間をかけます。

 

無駄な推薦面接練習に時間をかけるより

学力のほうに時間をかけたいというのが

娘の意見。

 

なるほど・・・。

それでも申請だけでもと思っていたところ

学年トップ、ほぼオール5、

常に代表委員をやっているのような

お友達の娘さんでさえ推薦は落とされ、

しかも誰が推薦合格だったんだろうって

いうぐらい周りに合格者がいなかったという

話を聞き、さすがに私も納得。

 

娘に推薦は必要ないという

結論に至りましたでした(^^;。

 

 

この複合選抜制度は3年後の息子の頃にはなくなる

かもと噂があります。

 

1校しか受けれないとなれば悩むことなく

第一志望にむけひたすら向かうのみ。

 

でもやはり2校受験のが何となく心の余裕が

ある気がするのでこのまま変わらずにいて

欲しいなの思う私であります。

 

 笑顔の桜🌸よ、どうか満開に!

 

先程面接を終えた娘が帰宅。

どうだったかな(ドキドキ)

 

昨日A日程の筆記は理科がかなり難しかったと

大騒ぎだったようです。

 

さあいよいよ来週月曜は本命第一志望!

 

今まで一生懸命頑張ってきたあなたを

内心私は尊敬しています。

 

全国の受験生にどうか笑顔の🌸が

たくさんたくさん咲きますように!